So-net無料ブログ作成

Final Consonant "Z" [accent reduction]

Accent Reduction Course、最初のトレーニングは 単語の最後につく子音 (Final Consonant) のZの発音でした。

Sの音は、日本語で「すー」と口をすぼめないで、息を長く吐くようにします。で、この「スー」の音は声帯を使って音を出していないのでunvoiced soundと呼ばれます。
これに対して、Sのように息を吐いて、声帯で音を出すのがZの音です。「スー」が「ズー」になるわけです。すーっと息を長く吐くようにしてずー、っと音を出します。

そんなに音自体は難しくないですが、単語の最後にきちんとこの音をだすのは 結構大事です。
例えば複数形のときに日本語では単数、複数で名詞の形が変わらないために、ついついSをつけるのを忘れがちです。でも英語にとってはそれが単数か、複数か、ということが大問題なのです。

eyes
friends
cloths
bees
bags
eggs

まあなんでもありますが、この最後のZの音を、自然に言えるようになるのが大事、だそうです。


何せ一周目とあって、わたしは張り切って練習しましたよ〜。

ずずずの練習、と称して。

参考までにこちらのサイトをどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=lQjhsItVDeQ

Accent Reduction Classes [accent reduction]

さて、アメリカの大学で研究を始めてはや10年。
これまで二回、Accent Reduction Courseという大学が提供するクラスをとりました。
これは、英語を母国語としない外国人研究者、医者を対象に
それぞれの母国語による英語のアクセントを減らして、
アメリカンEnglishの発音を習おう、という講座です。

でもこういうのの、グループレッスンというのは、すこし効率が悪いんですね。
なぜなら、日本人はやっぱり数が少ないからです。
ほとんどが中国人、それからインド人、
そこに日本人が私ひとり。

中国、インド、日本の英語のアクセントは当然すべて違います。
だから、注意する点や直す点も、どこの国出身かで変わってくるわけです。

そうなると、人数が少ないと不利!
どうしても中国人やインド人の発音矯正に時間がとられます。

そういうわけで、
わたしは真面目に英語の発音矯正をするなら、プライベートレッスンしかあるまい!
と決心しました。


で、本当は先生に直接会って教えてもらうのがよかったのですが、
なかなか手頃な講座が見つからない。
で、オンラインでレッスンしてくれるところを幾つか探しました。
で、トライアルレッスンをやってみて、
迷いに迷った挙句(実際思い立ってから、いろいろ忙しくしていたこともあり一年も迷っていました)
ようやくプライベートレッスンをしてくれる発音矯正のクラスを受講することに決めました。

予定は13週。
最初は評価テストみたいなのがあって、どんな音をわたしが発音していないか、チェックされます。
そしてその評価を元に、どの音を重点的に直していくかを決め、
13週目に再評価するわけです。

はたしてどうなることやら!


英語の発音:日本人の英語が理解されにくい理由のひとつ [考察]

英語は多国籍語です。

イギリス英語、アメリカ英語で発音が違うのはよく知られていますが、

中国、インドなど日本を含めたアジア諸国、ヨーロッパ、
南アメリカ、など

英語を母国語としない国々の英語は、それぞれ特有のアクセントをもっています。
それは母国語のアクセントに極めて近いアクセントの英語になります。
日本語英語とか中国英語とか言ったりしますけど、
音だけ聞いていると、英語ではなく、その国の母国語みたいに聞こえるんですね。
フランス英語とか、フランス語にしか聞こえない、、、、と思ったこともあります。

わたしいとっては、中国英語、インド英語はとてもわかりにくい。
ところが、アメリカ人たちは意外と簡単に中国英語、インド英語を理解するんです!
あの英語よりは自分の日本語英語のがましだろ〜、とか思っているのに、
アメリカ人は日本語英語より中国英語、インド英語を理解します。

なぜか?


これはまったく、数、の問題なんです。


要するに中国英語、インド英語を話す人数がとてつもなく多いということです。
言語は音です。
聞き慣れれば理解も進むのです。

数という意味では、日本人は圧倒的に負けています。
わたしは研究所につとめていますので、圧倒的に中国人やインド人が沢山いる環境にいます。
下手したらアメリカ人より多いかもしれません。
ようするに、

アメリカ人は日本人英語を聞きなれてないのです。


逆にいうと、聞き慣れると、日本人英語もわかってもらえるということです。


ということは、アメリカ人に日本人英語を理解してもらう奥の手は、

アメリカ在住の日本人をがんがん増やして、アメリカ人に日本人英語を慣れさせる!!


というわけですが、まあこれは無理ですね〜。


そういうわけで、自分の英語をもっと伝わりやすくするには、
アメリカ人が聴きやすい、標準的な(?)英語の発音を訓練するしかありません。
奥の手などないんですね〜。




英語ブログをはじめるわけ [ひとりごと]

おもいたって英語ブログを始めることにしました。

アメリカにきて、はや10年目。
毎日仕事でラボに行きますが、研究という仕事上、仕事に集中すればするほど、周りの人と話をしなくなります。
ラボはつねに10人以下の人数で、ボスと数人はアメリカ人なものの、中国人、インド人、コーリアンとnon-native englsich speakerが多いのも、大学の研究所の特徴かもしれません。
下手したらアメリカ人より中国人の方が多いかも。
そういうわけで、
アメリカに住みながら、ちっとも英語は上手くなっていません。

その一方、2歳でアメリカに連れてこられた娘は、
きていきなり保育園に放り込まれ、
キンダー、エレメンタリー、ミドルスクールとアメリカの教育を受け、
当然英語はぺらぺらに加え、学校ではhigh ability classに入れられて、一学年上の勉強をしています。

「ママとわたしはおなじだけアメリカにいるのに、どうしてママは英語上手じゃないのかな〜、うふふ」とか笑ってるし、、、、。


かくいうわたしはアメリカに来て、ポスドクからはじまり、
そのごAssistant research professorに昇進、(non-tenure faculty)
自分でグラントをアプライするようになりました(まだあたってないけど)。

学会でも当然発表します。

でもやっぱり自分の日本人英語のアクセントは、
ときどき言っていることを理解してもらいにくいこともあり。


たとえば、研究所内でのカンファレンスでの発表の時、
最近はフィードバックを与えるシステムにするとかで、
聴者の感想を紙に書いて、発表者に最後まとめてわたす、ということをやってます。
そこで、
多くの人がよかった、わかりやすかった、という感想がある反面、
数人が、「彼女はときどき理解しにくい」と書いているのも確かなのです。

私の英語に慣れている人と、慣れていない人の差なのかもしれません。

しかし、たとえば、私のボスはアメリカ人ですが
実にクリアなわかりやすい英語を話します。
同じアメリカ人でも、早口でわかりにくい発表をする人もいます。

ボスに
「これまでのキャリアの過程で、プレゼンのトレーニング、どうやってスピーチするかのトレーニングをしてきたのか?」
と聞きますと、ボスは
「もちそんそうだよ。どの研究者も、トレーニングして、皆がわかりやすい話し方というのを練習するものだよ」
とおっしゃいました。

よく考えたらあたりまえです。
日本にいたころ、日本語で研究の発表をするときは、
わたしもなんども発表前に練習しました。

アメリカ人が英語のスピーチを練習しているのに、
日本人がもっと努力をしないという話があるものか。

気がつくの遅すぎ、
というかやる気になるの、遅すぎ、という話もありますが、
でも
やらなかったら一生このまま。

やる気になった時こそ、やる時であります。


40の手習い。
もっとクリアな英語の発音を目指して、
英語全体の上達を目指して、
なにやらとりくむことにいたしました。


このブログはその忘備録となるはずのものです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。